お問い合わせお問い合わせ

電話番号

ウォーターカッター

ウォーターカッター

降雨時に壁高欄を伝って床版下部に回り込む水は、ひび割れや欠損部分から内部に浸透し、
内部鉄筋の腐食やコンクリートの劣化につながります。

ウォーターカッターは軽量で柔軟、簡単に水切りを後付けすることができますので、
床版裏に回り込む伝い水による橋梁の劣化を予防することができます。

AOS工法に関するよくある質問及び回答はこちらよりご確認ください

特徴

業界最軽量

業界最軽量

業界最軽量、1本わずか80gの製品ですので、取付が簡単!

独自の形状で伝い水をカット

独自の形状

独自の形状で高欄や床版外側からの伝い水を床版裏面に漏らしません。

組立式取付台同梱で、
接着剤が塗りやすい!

組立式取付台同梱

同梱のボール紙を組み立てると、ウォーターカッターに接着剤を塗るための台に早変わり。1液接着剤でラクラク施工が可能です。

接着剤を塗ったウォーターカッターは
台をつかってカンタン取り付け!

カンタン取り付け

接着剤塗布後のウォーターカッターは台を持ち上げ圧着することで、より簡単な施工性を実現しました。

施工方法

下地処理

01下地処理
ウォーターカッターを設置する下地面を清掃し、ホコリや油分を取り除いてください。凹凸の大きい箇所は接着面の水みちを塞ぐための不陸調整を行います。

接着剤塗布

02接着剤塗布
同梱の部材を組み立てて台をつくり、ウォーターカッターの接着面に接着剤を塗布します。接着剤は、同梱の「エポポンド1CH」をご利用ください。

設置

03設置
そのまま台を接着面に押し当ててウォーターカッターを接着してください。接着剤の硬化時間は24時間です。

代表値

試験項目 単 位 規格値
重 さ g/m 80
長 さ mm 1,000

耐薬品性

浸漬薬品名 15日間浸漬前後の状態変化
飽和水酸化カルシウム 変化なし
水溶液3%塩化ナトリウム 変化なし
水溶液5%硫酸 変化なし

※試験方法
道路橋床版防水便覧(日本道路協会)の対薬品性試験に準じて薬品に15日間浸漬し、ブランクと比較。

構造及び材質

構 造 材 質
独立気泡スポンジ EPDM系ゴム ライトグレー色

荷姿

製品名 寸 法 入数
ウォーターカッター W25mm×H20mm×L1,000mm 20本入
エポポンド1CH 320mL 3本入
取付け台 L=1,014mm 2本入

施工上の注意

  • 接着面のホコリや油分等は取り除いて下さい。
  • 製品は直射日光を避け、屋内に保管して下さい。
  • 製品使用前には、製品添付の取扱説明書を確認して下さい。
  • その他の安全性に関する詳細は、安全データシート(SDS)を参照して下さい。
  • 下地の凹凸が大きい場合、水切り材全般的として凹凸の隙間が水みちとなるための不陸調整が必要です。不陸調整を行う場合、別途、エポポンド1CHの追加分が必要となります。

ウォーターカッター

全体状況・断面形状図

PAGE TOP

AOS工法コンサルタントの皆様へ

詳しくはこちら

AOS工法建設会社の皆様へ

詳しくはこちら

AOS工法発注者の皆様へ

詳しくはこちら